ドックスベスト セメント - むし歯治療 | 和歌山市の一般歯科・予防歯科・審美歯科・美容歯科・インプラント - 沖殿歯科医院

ホーム > ドックスベスト セメント

ドックスベスト セメント

虫歯を削らない虫歯治療

ドックスベストセメント治療とは、虫歯になったところにミネラルから造られた安全な薬を詰めて治す画期的な〝虫歯無痛治療”です。
このドックスベストセメントによって、神経を取るケースが今までの5分の1になりました。

虫歯の進行別のドックスベストセメント治療

少し進行した虫歯(C1、C2)

少し進んだ状態の治療

通常の虫歯治療では、虫歯をすべて取り除くまで削る必要がありますが、ドックスベストセメントではほとんど削る必要がありません。
神経に近いところまで削らないので歯がしみにくいというメリットがあります。

神経まで達する深い虫歯(C3)

神経まで達する深い虫歯の治療

通常は、麻酔をして歯を大きく深く削り、神経を取り除いて歯の根の治療をしますが、ドックスベストセメントでは神経まで達している虫歯の部分を除去しないで、薬で虫歯を殺菌します。虫歯菌は少し残りますが、治療した部分を密封することで、ドックスベストセメントの殺菌効果で死滅します。

【ご注意】
ドックスベストセメントは、まだ保険治療として認められていないので、自費治療となります。

ドックスベストセメントのメリット・デメリット

メリット

  • 痛みがほとんどありません。
  • 神経を取らないので、歯の寿命が延びます。
  • 治療回数が少なく、通常2~3回の治療で済みます。
  • 抗生物質などのお薬ではなく、人体の血液中に含まれる様々なミネラルから造られた薬なので、アレルギーのある方にも使用可能です。
  • ドックスベストを入れた部分は、虫歯を殺菌する成分を出し続けますので、半永久的に殺菌効果が期待できます。

デメリット

  • 日本では、まだ保険治療として認可されていないので、自費治療となります。
  • 虫歯の部位や量、状態等によって、この治療が出来ないケースもあります。例)ズキズキと痛みがある場合など
  • 歯の中の虫歯は治療できますが、虫歯にならない歯にする訳ではありません。
  • 適切な歯みがきを怠ると、治療部分は治っていても、違う箇所から新たな虫歯が発生します。
  • 治療後も定期的な歯科検診は、欠かすことが出来ません。