歯の根っこ治療 | 和歌山市の一般歯科・予防歯科・審美歯科・美容歯科・インプラント - 沖殿歯科医院

ホーム > 歯の根っこ治療

歯の根っこ治療

歯の根っこ治療(根管治療)って?

歯の根の中の神経や血管などが通っている管を根管(こんかん)と言います。

根管治療とは歯の神経が入っていた空洞をきれいにし、細菌が入り込まないように薬で密閉することです。神経が死んでしまうと細菌が繁殖し、副鼻腔炎や骨髄炎などの大きな病気になることもあるのです。ここに繁殖した細菌は自然に治ることがないため、根管治療をして機械的に細菌をとり除き、新たに細菌が入らないように薬をしっかり詰める必要があります。根管治療をすることによって神経が死んでしまった歯でも長く使うことができるのです。

治療の流れ

① 虫歯になった歯は、歯の根まで細菌に感染している場合があります。
② 虫歯や古い詰め物を取り除きます。
③ 歯の神経を取ったのち、汚染された歯の根を掃除します。
④ 空洞になった歯の根に消毒薬を入れて完全に充填します。
⑤ 歯に冠をかぶせて治療は終わりです。