TEL:073-432-4669

歯が痛い

  1. ホーム
  2. 歯が痛い

診察の流れ

まず原因の特定をします

  • 問診
  • レントゲン撮影
  • お口の中のチェック

大事なポイント

歯が残るのか?
むし歯の進行度、根の状態によっては、歯を抜いてしまわないといけない場合があります。
神経は残るのか?
神経の治療になると、治療期間が延びるだけでなく、歯の寿命にもかかわってきます。
なるべく神経を残せるようにしていますが、必要に応じて、神経の治療が必要になります。
どうすれば長持ちするのか?
歯の周囲に汚れがあると、せっかく治療してもまた悪くなってしまいます。なので可能な限り、清潔に保てる方法を知っていただく必要があります。

むし歯の進行度

  • ごく初期のむし歯です。表面が白っぽく見えたり、薄い茶色になったりします。

  • むし歯がエナメル質までに限局した浅い状態です。
    痛みはまったくありませんが、放っておけばむし歯が進行します。

  • むし歯が象牙質まで達した状態です。
    冷たいものがしみ、痛みを感じるようになります。

  • むし歯が歯の内部の神経まで達した状態です。
    むし歯が神経に達している状態ですので、何もしていないのにズキズキと激しい痛みを感じます。

  • 歯がむし歯によって崩壊して、根っこのみの状態となり、激しい痛みが続きます。
    痛みがなくなる段階まで放置すると、痛みを感じる神経そのものが壊死してしまうので痛みを感じなくなり、更に放置すると、根に膿みを持つようになります。
    この状態までくると、強烈な痛みを感じるようになります。

治療、もしくは応急処置をします

※状況によっては、すぐに治療に移れない場合があります。

むし歯治療のオプション

治療の進行に合わせて、被せ物・詰め物を決めます

痛みが取れてから、削った部分を修復するために、技工士さんに作ってもらう 補綴物 ほてつぶつ を決めます。

保険診療の場合(詰め物:プラスチック・銀 被せ物:プラスチック・銀)

  • 長所
    安くできる
  • 短所
    見た目が気になってしまう
    着色する
    精密に作りづらい

自由診療の場合

  • 長所
    精密に作れる
    デザインができる
    色が合わせられる
    お掃除しやすい
    着色しない
  • 短所
    値段が高くなる

悪くならないように、予防・メンテナンスをします

噛み合わせの変化や、むし歯ができていないかのチェック、歯石や着色の除去のために、定期的なメンテナンスをおすすめしています。

ページの先頭に戻る

ページの先頭に戻る

WEB予約 24時間受付中